防犯対策!窓に防犯センサーをつける

空巣や強盗犯が窓を割って進入してきた事件はあなたもご存知だと思いますが、防犯対策をしっかりしていれば防げた犯行もたくさんあったはずです。

ただ、窓などに付ける防犯センサーも色々なタイプがあり、窓が割れると警告ブザーを出すタイプと、窓の振動で警告ブザーが鳴るタイプ、また、窓枠が離れるとブザーが鳴るタイプと色々です。

その中でもあまりおすすめ出来ないのが、振動を感知してブザーを鳴らすタイプです。

このタイプは風が強い日や、ちょっとした振動でブザーが鳴ってしまうので、近隣の人にも迷惑がかかります。

そこで一番のおすすめが窓を割ったときに、反応するブザーが良いです。

この防犯ブザーはガラスに過度の力が加えられたときにセンサーが反応するので、ちょっとした振動では反応しません。

繰り返しますが、日本は安全な国ではありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする