相手に伝える最初の条件

部屋の条件を決める為の具体的な方法でも書いていますが、営業マンには、自分が前もって決めていた、譲れない条件を伝えることが大切です。

大体、その条件を聞いて営業マンはその前後の部屋も含めて紹介してきます。

例えば僕の出す条件が、家賃50.000円未満、風呂トイレ別、フローリングだったとき、その条件に合う物件や、もしなかったとしてもそれに近い物件を紹介してきます。

家賃55.000円出せば、希望通りの物件があるとか、風呂トイレ一緒(ユニットバス)だったら、希望通りの条件があるといった具合です。

そこで、希望通りの物件が見つからなくても、ガッカリしてはダメです!

まず紹介された物件をよ~く見ましょう。
その中から、「これだ!」っと思うような物件を詳しく紹介してもらいます。

その中には自分の出した条件とは違った部屋もあるかも知れないけど、まず詳しく話を聞いてみることも大切です。

そして、必ずその物件の間取りや詳細が書かれたコピーをもらって次の不動産屋へ行きましょう。

そのときに必ず、「この部屋を後で見せてもらうことは出来ますか?」っと聞いておきましょう。

なぜなら後で部屋を見せてもらおうと思って、その不動産屋へまた足を運んで、「無理です。」って言われたら時間の無駄だからです。

ちなみに、不動産屋巡りも結構疲れるので、こういったときはスピードが勝負です。

前もって選んでおいた不動産屋を全て回ってお目当ての部屋を探しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする