だらしない雰囲気が危険

たまに玄関先に新聞紙やガラクタが山積になっている部屋や一軒家を見かけることはないでしょうか?

これもあまり防犯上よくないことだと言えます。

本人からすれば、別に取られてもたいした物じゃないと思っているかもしれませんが、犯罪者はそうは思いません。

犯罪者からすれば、「この家の住人は、きっとだらしない奴が住んでいるのだろう」っと思われて簡単に進入を許してしまうものです。

またこう言った部屋に限って、貴重品や大切な物が無造作に置かれてあったり、部屋に侵入されたことじたいに気付かなかったりするものです。

その他にもベランダに山積みになっている、いらなくなったガラクタやゴミなども、外から丸見えになっています。

こういった住人の性格も、犯罪者は見逃さずにチェックしています。

あなたがもし、空巣から身を守りたいなら、今日から自分の身の回り全てを整理整頓して、
いらない物はゴミに出して、犯罪者が入ってくるスキを作らないように努力する必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする