部屋のサイズを測っておくと後で便利

自分が気に入った部屋が見つかれば、あとは室内のサイズを測っておくと後で便利です。

室内のサイズを測るタイミングは、下見のときに「ここはいいぞ!」っと思うよな部屋だったときや、住む部屋を決めたあとで、もう1度中へ案内をしてもうらときです。

サイズを測る場所は、カーテンの丈の長さや、冷蔵庫のスペース、ガスコンロのスペース、カーペットなどの床面のスペース、洗濯機置き場のスペースなどを測っておきましょう。

あとは自分が思い描くライフスタイルをイメージしながら、色々とサイズを測っておくと後で便利です。

ちなみに、トースターやレンジなどの置くスペースも、確保出きればいいのですが、実際はなかなかスペースが取れないことが多いので、そういったときは、焦らずに先に冷蔵庫などの必需品を置いた後で、どこにスペースを確保するか考えると良いと思います。

一人暮らしが初めてのときは、何かと物が必要ですが、1度に買い過ぎると、置く場所に困ります。徐々に物を増やしていきましょう。

そして僕が1番困ったのが、引越しをする度に、カーテンの丈の長さが合わないので、その度に買い換えないといけないのがちょっと残念でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする