入居者はどんな人か聞いてみよう

住居人がどんな年代の人が多いか聞くのも大切です。

っと言うのも僕が経験した中で、大学の近くのアパートを借りたとき、学生が上の階に住んでいたことがありました。(僕は社会人です)

その学生が結構うるさいんですよ。しかも夜の11時くらいから、数人で騒いでいるじゃないですか!

そのちょうど真下に僕は住んでいました。
もう最悪です。うるさくて寝れません。

不動産屋に連絡しようかと悩んでいましたが、それから1ヶ月も経たずにその学生は引越したようで、もの凄く静かになりました。

この経験から、必ず不動産屋に入居者はどんな人が多いのか聞くようにしています。

詳しく聞かなくても、学生が多く入居しているようなアパートなどは、避けるようにしています。

必ずしも学生がうるさいとは言えないけど、時間帯が社会人と少しズレてるような気がするんです。

一般常識があれば、夜の11時位から騒いだら隣の住人に迷惑が掛かるくらい、簡単に想像はつくはずです。

これは学生に限らず社会人にも言えると思います。

あまりに迷惑な住人がいるときは、不動産屋に連絡をする前に、「何月の何日の何時頃騒いでいた。」っといった具合に、ノートに記録していきます。

その記録が例えば10件以上貯まったとき、不動産屋に連絡するとか、自分で決めておきます。

ただ、10件とか件数にこだわらず、毎晩騒いだり、車の駐車マナーを知らない住人など
自分が思うことは、結構周囲の住人も不快に思っているはです。

そういうときは、不動産屋に連絡して相談に乗ってもらいましょう。

間違っても自分1人で乗り込むことは、避けた方がいいでしょう。
なぜなら押し問答になったときに、仲裁役は誰もいないからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする