綿密な計画を立てて実行

空巣をする犯罪者は、とても慎重です。

慎重に慎重を重ねる犯罪者(空巣)こそ、仕事のできる犯罪者(空巣)とも言われるくらいなのです。

では具体的にどんなことをしているのでしょうか?

まず空巣をする犯罪者は、侵入する部屋や家を見つけ、その家の情報収集をはじめると言います。

電話番号や、留守の時間帯、家族構成まで隅々まで調べ上げます。

そうすることで、いつ進入できるのか?
空巣が終わったあとの逃げ道は?など完全に頭の中でイメージできるくらいにしているようです。

空巣などの犯罪で突発的なケースもありますが、ほとんどの場合が、下見を繰り返し犯行におよぶケースが多いのです。

空巣に狙われたあとに、後悔するよりも、日々の生活の中で、犯罪者に入り込まれないライフスタイルを考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする