犯罪者が使う鍵の開け方

ここでは犯罪者が使う鍵の開け方を説明します。

【サムターン回し】

これは多くの部屋の内側に付いている”つまみ”=サムターンを悪用した鍵を外す方法です。

普通は、家や部屋の中にいる場合は、サムターンと呼ばれるつまみを回して鍵をかけ、ドアチャーンをするのが基本的な鍵の閉め方だと思います。

これ外側から開けるには、サムターンがある近くの場所に、外側から電気ドリルか何かで穴をあけて、そこから細い棒や針金のような物を通して、外からサムターンを回す方法です。

原始的な方法ですが、対策をしていない部屋がとても多いので、今もこの方法で空巣に会う被害が減っていません。

【カム送り解錠】

これは鍵を開けたり、閉めたりする鍵ケースの中にある”カム”と呼ばれるものを動かして鍵を開ける方法です。

方法は、特殊な工具を使うようで、ここでは説明を省きます。

この方法で進入されると、サムターンのようにドアに穴があいたりしないので、進入されたことじたいに気付きにくい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする