家計簿をつけない人は損

はじめて一人暮らしをする人にとって、家計簿をつけないことは大きなデメリットになってきます。

僕も最初は家計簿をつけたことがなくて、1ヶ月にいくらお金を使っているのか、全く分かりませんでした。

収入はいくらか計算できも、支出がいくらか計算できなければ、正しいお金の管理はできません。

そうなると、無駄なお金がどこに使われているのか、自分で把握出来ないのです。

そこで僕がやった実践法を紹介したいと思います。

▼ 目指せ!家計簿の達人!

【ステップ1】
まず、はじめての人は家計簿をつける習慣から、つけていくことが大切です。

買物をしてもレシートをもらうことさえ、忘れてしまうことがあるかもしれません。

そう言った人にはまず、家計簿をつける習慣、レシートをもらう習慣からつけていきましょう。

【ステップ2】
家計簿にも、食費、光熱費、消耗品費、通信費などたくさんの項目があります。

その項目全てを最初からつけていくのが、難しい人は食費と光熱費だけをチェックするようにしましょう。

食費は支出の多くを占めるので、どれだけ支出があるのか早く把握しておく必要があります。

次に、光熱費は月に1度しか料金の支払いがないので、家計簿をつける人にとっては、取っ掛かりやすい項目だと思います。

【ステップ3】
これは人によって様々ですが、家計簿をつけるのに、パソコンを使ってつけるのか?
ノートにつけていくのか?2通りのパターンがあると思います。

僕の場合は、ノートにつけていくことをおすすめします。

理由は2つ。

まず1つ目は、パソコンで家計簿をつけるとパソコンが壊れたとき、データーが全て消えて無くなり、苦労が水の泡になってしまいます。

2つ目は、パソコンを起動しないと家計簿が見れないのは、意外に不便なものです。

気になったときに、サッと見れるようにノートにつけた方が僕はおすすめできます。

【ステップ4】
ノートにつけていくと、計算が面倒くさいのでは?っと思う人がいますが、確かにはじめのうちは面倒くさいです。

ただ、家計簿を長くつけていくと、苦にならなくると言うか、計算するのが楽しくなってきます。

「今月は、先月よりこれだけ食費が減った!」そんな気持ちに変わってくれば、あなたも家計簿マスターへの道も近いです。

長く続けていくコツは何でも、楽しみながらやらないと続きません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする