防犯対策!補助鍵で進入を防げ

まず補助鍵の目的は、進入に掛かる時間を長くさせることです。

空巣にとってまず、家や部屋に入るまでが勝負です。

長時間掛かるようであれば、その分人目に付くわけですからリスクになってしまいます。

進入に時間が掛かり人目に付いて警察に通報されようものなら、空巣にとって最大の危険だからです。

実際に空巣に入るのに、5分以上掛かる窓や玄関の場合では7割以上の犯人が断念しています。

まず、空巣の被害を食い止めるには、侵入時間を長くさせることを重点的に考えます。

そこで補助の鍵が効果を発揮するのです。

1つのドアに1つの鍵しか無ければ、犯人はその鍵を外せば簡単に進入出来てしまうと言うことです。

でも、1つのドアに2つの鍵があればその分だけ時間が掛かり、不審な動きがより目立ってしまうわけです。

ただ実際にアパートやマンションに住む人や住んでいる人には、勝手に鍵を付け替えたり、工事が必要な規模の補助鍵の設置は厳しいのが現状です。

そこで、窓に挟むだけでいい補助鍵もあります。

空巣やまた強盗などが入ってから後悔しても”後の祭り”です。

自分の財産、身は自分で守るしかないのです。しっかり防犯対策をしましょう。

繰り返しますが、日本は安全な国ではありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする