入居の50日前から情報収集を始める

突発的な引越しを除いては、普通は50日前頃から、情報をチェックしていくようにします。

まず、その地域の情報誌やインターネットを活用して沿線沿い、住みたいと思うエリアの物件を隅々までチェックします。

こうした準備が後で、良い部屋に住むための、大切な情報になっていくのです。

また、今現在一人暮らしをしている人で、新しい部屋に引越すことを考えている人は、遅くとも30日前には今の部屋を解約する意志を、不動産屋に伝えなければいけないので、その辺りも考えてもっと早くから情報収集を始めることが大切です。

ココで注意なのが、良い部屋が見つかったからと言って、すぐには入居出来ないケースがあります。

前の人が退去する日とそれに合わせての部屋の掃除、また必要によっては補修工事なども考えられるので、正確な入居できる日付を不動産屋と確認することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする