最高の部屋の条件とは?

はじめて部屋を借りるときには、色々と住みたい部屋の条件を出してしまいます。

しかし現実は、全ての条件を満たす部屋に住むためには、あなたが思っている以上に高い
支払いをしないと住めないのも事実です。

では一体最高の部屋の条件とは何なんでしょうか?

僕が思うに、それは”静”、”広”、”明”の3つだと思います。

”静”は静かな部屋。

仕事や勉強に疲れて部屋に帰ってきて、周りの環境が騒がしかったら落ち着けますか?

きっと心も体も休まらず部屋にいても、落ちつかない日々を過ごすようになります。

静かな環境は部屋選びの大切な要素です。

”広”は広さ。

例えば狭い3畳一間の部屋では、やっぱり生活しづらいですが、逆に広すぎても今度は、どこか寂しい感じになってしまいます。

広さの感じ方は人それぞれですが、一人で部屋を借りるときはキッチンと6畳一間の部屋が基本です。

ただ、6畳よりも7畳、いやそれよりもまだ広くても十分住みやすい環境が作れるはずです。

広さは心のゆとりも与えてくれます。
あなたが住む部屋の広さはどれくらいがいいですか?

”明”は光の多さ。

もし住むとしたら、1日中光が差し込まない暗い部屋と、太陽の光がたくさん差し込む明るい部屋、あなただったらどちらを選びますか?

多くの人が、光が差し込む明るい部屋を選ぶはずです。

それは光と言うのが人間にとって大切な恵みなのを多くの人が感じとっているからです。

あなたがもし真っ暗な部屋で住んでいるとしたらどんな気持ちになりますか?
きっと沈んだ真っ暗な気持ちで生活をしなければいけないはずです。

植物が日の光を求めて、高く成長するように
人間も日の光を求めて生活しているのです。

これは僕が思う、最高の部屋の条件だと考えています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする