電化製品から先に設置

まず大きな電化製品を先に設置しましょう。

冷蔵庫や洗濯機などは運ばれたらすぐに、あらかじめ決めていた置く場所に設置します。

こうすることで、後で余計な労力を使わなくて済むので、先に重たい物や大きな物から設置していきます。

そのときに、大切なポイントあって、床面がフローリングのときは、重たい力が1ヶ所に集中するとキズになりやすいので、前もって、ゴムパットか小さな四角い木の板、最悪はダンボールでも構わないので、敷いておくだけでキズの付き具合が違います。

男の人の場合は後で、一人でも動かして冷蔵庫などの重たい物の下に、木の板などを敷くことができますが、女の人の場合はとても重たくて動かせないと思うので、あらかじめ小さな木の板か、ゴムパットを準備しておくと後が楽に済みます。

また、冷蔵庫や洗濯機などはリサイクルショップや全国展開している”オフハウス”に行けば手頃な値段で売っています。

僕の場合はオフハウスで洗濯機や冷蔵庫を買いましたが、今でも1度の故障もせずに使い続けています。

もし予算を抑えたい人は、リサイクルショップなどで探してみてはどうでしょうか!?

▼ 僕が揃えた電化製品
・冷蔵庫(中古)(8.000円)
・洗濯機(中古)(15.000円)
・5号炊きの炊飯器(新品3.000円)
・電子レンジ(中古2.000円)

以上です。

あまりの少なさにビックリする人がいると思いますが、
電気ポットなどは買っていません。

これだけでも十分生活できるので、倹約できるところは倹約して
贅沢する物にはもっと別な物にお金を使いましょう。

*倹約とはムダを省いて出費を少なくすることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする