必ず部屋のキズをチェックする

入居したらまずやって欲しいのが、部屋のキズのチェックです。

部屋のキズがあったときは、通常14日以内に不動産屋へ連絡することが決まりとなっています。

また不動産屋によって変わりますが、部屋の見取り図みたいな物を渡してくれるところもあるので、それにキズがあった場合は、しるしを付けて不動産屋へ渡します。

僕がやってる方法は、気になるキズは全部、不動産屋へ連絡をしています。

部屋を貸してくれる前には必ず、部屋の掃除や補修をして新しい入居者に貸してくれます。

もし部屋に入居した時点で、汚れやキズがあった場合は、補修の忘れか、補修できないものだと考えていいと思います。

このキズのチェックをしないと、部屋を出て行くときにあなたのせいでキズがついたと思われて、余計な修繕費がかかる恐れがあるので、必ずキズチェックはしましょう。

▼ キズのチェックポイント
【カベクロス】
汚れ、剥がれがないかチェック!

【フローリング】
床はキズがつきやすいので、徹底的にチェック!
小さなキズも見逃さない!

【戸、窓の開閉】
立て付けが悪くないか?窓の開閉はスムーズに出来るか?
隙間風は入ってこないか?
要チェックです!

僕の実体験では柱によくキズがついていました。
多分、カレンダーなどを安全ピンで刺した跡だと思うのですが、そんなキズも残さず報告します。

ちなみに、入居したときにトイレの換気扇が壊れていたことがあります。
正直、「ちゃんとしてよ~!」っと思いましたね。

すぐに不動産屋へ連絡してその日に交換してもらいましたが、とにかく、気になることをそのままにすると、損をするのはあなただと言うことを忘れずにいて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする