エアコンの暖房は使わない

エアコンには冷房と暖房の機能が付いていますが、僕は冷房の機能は使っても、暖房の機能は使いません。

なぜなら、エアコンの暖房は体の表面だけが暖かくなっても、体の芯までは暖かくならないと思うからです。

実際に何度か使ってみたんですが、イマイチ温かくなりません。

そこで僕は、ハロゲンヒーターと言うものを買って暖かさを試してみましたが、コレがビックリ!

電源を入れたら一瞬で、その周辺半径1メートルくらいは温かくなるのですが、1ヵ月後に驚愕の電気料金が請求されました。

なんと!

9450円!!

1年の平均がおおよそで、3500円くらいですから、その2.7倍の電気料金を徴収されました。

僕が使っていたハロゲンヒーターが悪いのか、ハロゲンヒーターという商品自体がこういう物かは分かりませんが、過去最高の電気料金を更新して僕はすぐにハロゲンヒーターを使うのをやめました。

次に考えたのが、灯油を使うファンヒーターです。

僕はこれが1番気に入っていて、電気料金も安く、室内もすぐに暖まって気に入っています。

ただ、灯油を買ってそれを部屋まで運んでこないといけないので、女の人にはちょっとキツイかもしれませんが、僕はこれが1番良いと思っています。

人それぞれライフスタイルが違うので、全て石油ファンヒーターが良いとは限りませんが、暖房器具を使うなら、芯まで温まる物がいいですよね。

ちなみにこたつも足から暖まってくるので、おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする