郵便物 転送届け

郵便物転送届けを出す

引越しをしたのはいいけど、郵便物が古い住所に
届いてしまうんでは!?

 

っと思う人もいるかと思いますが、
ちゃんと手続きをすれば紙一枚で新しい住所に、
郵便物が届くようになります。

 

まず、郵便局に行けば郵便物転送届けのハガキが置いてあり、
そのハガキに必要事項を書けば手続きが終了です。
ちなみに、そのハガキは無料ですので、お金を支払うことはありません。

 

そのハガキに書かれている項目は、
【どこの郵便物をどこへ転送するのか?】
古い住所と新しい住所を記入する項目があります。

 

【世帯のどの人の郵便物なのか?】
世帯の一部の人だけが引越しをする場合は、
引越しをする人だけの名前を記入すればOKです。

 

【転送する日はいつからなのか?】
郵便物を転送して欲しい日付を記入します。

 

またみとめ印を押すようになりますので、印鑑の準備が必要です。

 

この転送ハガキで郵便物を転送してくれる期間は1年なので、
それ以降は転送してくれません。

 

ですから、通販のカタログやお気に入りのお店のDMなどが
届かなくなってしまうので、新しい住所に変わったら
少しずつ住所変更の手続きをしていきましょう。

スポンサーリンク